<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自己紹介

こんにちは。私は昨年度の4月からリリースポーツクラブのサッカーの方で学業の方と両立しながらアシスタントコーチとして働いています。山下克己と申します。サッカースクールでは基本Bクラスを指導しています。育成の方ではU-11のアシスタントコーチをしています。まだまだ至らない点も多々ありますが、一生懸命選手たちに指導していきたいと思います。

よろしくお願いします。

やました

[PR]

by lily-soccer | 2015-04-25 16:55

ブレキエーション運動

今回は私が目にした記事、乳児、幼児の発育、発達について掲載したいと思います。

グレン・ドーマン博士が「赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか」の本の中で提唱しているブレキエーション(うんてい)という運動は、乳幼児のさまざまな発達を促すものです。
この楽しい運動を通して次のような効果があります。

腕を伸ばしてぶら下がることにより、背骨をまっすぐにし、胸を広げます。これは胸郭と肺の成長を促し、より成熟した呼吸機能をもたらします。そしてより多くの酸素が脳に供給されることになります。

ブレキエーションの横棒をつかみながら進む時、目は毎回つかむ横棒に焦点を合わせます。これは、奥行きの認識力や目と手の協調を高め、手先の作業をする時の集中力を高めることになります。

ブレキエーションの横棒を手のひらでつかみながら進むことは、手のひらへの触覚の刺激となり、より器用に手が使えるようになります。

投稿者 伊藤
[PR]

by lily-soccer | 2015-04-21 16:57

U-11について

こんにちは!

今回は4月より監督が平野に代わり、新たなスタートを切ったU-11について報告させていただきます。
U-11は選手12名、監督の平野とともに日々楽しく、そして厳しく練習しています。

私が今年1年を通して掲げたテーマ、それは「シュートのこぼれ球にこだわる」ということ。
サッカーは点を取り合うスポーツですので、点を取らない限り勝つことはできません。
また、逆に考えると、点を取られなければ負けることもありません(スコアレスドローでのPK戦を除く)。

そこで、私のサッカー哲学として最も大切にしていることの1つである「シュートのこぼれ球にこだわる」ということを年間のテーマとして掲げました。

まず、DFが相手のシュートのこぼれ球を意識しない要因としては
①GKが絶対にキャッチしてくれるという信頼がある
②GKが弾く(ポストに当たる)という思考がない
③GKが止められないという信頼感の欠如

等の理由が考えられます。
①に関しては、DFとGKの間に信頼感があるのは素晴らしいことです。でも、サッカーに絶対というものが存在するのでしょうか?
②に関しては潜在的に「シュートを打たれたら自分の役目はもう終わり」という認識があるかもしれません。シュートがゴールに入る・入らないに関係なく。
③に関しては大問題です。まずはDFとGKの間に信頼感を構築しなければなりませんね。


次に、FWが味方のシュートのこぼれ球を意識しないということは
①シュートが決まったという絶対的な自信
②「俺の所に来い!俺が決める!」という貪欲さの欠如
等の理由が考えられます。
①に関しては先程と同様です。サッカーに絶対というものが存在するのでしょうか?
②に関してはFWとして絶対に持ち合わせていてほしい心構えです。


先程もお伝えしましたが、サッカーは点を取り合うスポーツです。
たとえ1点しか取れなくても、相手に点を取られなけば1-0で勝つことができます。
たとえ1点しかとられなくても、こちらが1点も取れなければ0-1で負けてしまいます。
FW出身である平野が監督についたからには点(得点・失点)にはこだわっていきます!

そして、U-11では新メンバー大募集中です!!
興味のある方はぜひ体験に来てみてください!!

今後のU-11の活躍に乞うご期待!!

報告者 平野
[PR]

by lily-soccer | 2015-04-16 13:22

クラブユース

皆さんこんにちは!!
つい先日まで満開だった桜の花びらが連日の雨で散ってきてしまいました。行こう行こうと思っていたのに残念ながら花見に行けませんでした。とてもショックが大きいです。どこかまだ綺麗な桜が咲いていたら是非教えて下さい(^^)/

さて先日、4月12日にジュニアユースのクラブユース大会が行われました。この大会はクラブチームだけの大会でこれを目指して日々トレーニングに励んできました。そして結果は一回戦敗退という結果になってしましましたが3年生のみならず、1、2年生も得たものはとても貴重なものであったと感じます。1~3年生まで17名と少なく、半分以上が下の学年で出場したのにもかかわらず結果以上に内容がとても良かったと思います。フフィジカルの所で負けてしまう所もあったけれど、粘り強く耐えていたし、所々押していた時間帯もあり、決め切れなかったという反省点、ゲームの入り方、時間帯によってボールの動かし方を変えていかなければならないことなど本当に良いが経験出来たことと思います。
3年生の4人はとても頑張っていました。しかしまだまだ成長していかなければなりません。まだIFAリーグ戦が残っているので今後の目標をしっかり立ててまたチームで進んでいきましょう。


FCリリー横山
[PR]

by lily-soccer | 2015-04-14 19:10

☆今年度の担当コーチ☆

こんにちは(^_^)
今回のブログは秋葉が担当させて頂きます☆

今回の内容は、H.27年度の各クラスの担当コーチを紹介致します(*^_^*)

サッカースクール 
火A → 植田
火B → 秋葉
火C → 横山

水B → 横山

木C → 植田

金B → 横山

土フットサル→ 植田
土A → 植田 
土1B → 中村
土1C → 平野
土2B → 植田 
土2C → 平野

育成チーム(Jr、Jrユース、プリンセス)
U- 9→ 中村 
U-10→ 植田
U-11→ 平野
U-12→ 伊藤
Jrユース→横山・秋葉
プリンセス→中村・平野

※ その他アシスタントコーチが入ります。

今年1年間、全スタッフが選手の成長を第一に考え、頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願い致します!!!
[PR]

by lily-soccer | 2015-04-09 12:12