<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

現代の子ども事情

こんにちは。紅葉が素敵な今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は、昔と今の子どもの環境変化についてお伝えいたします。時代の流れの中で、子ども達を取り巻く環境も随分変わってきました。この時代の変化を理解しながら私は日々、子どもの特徴を把握し、長所を引き出すように心がけています。

058.gif外遊びの変化058.gif
昔は・・・・鬼ごっこ、かくれんぼなど外遊びを中心に遊んでいました。グループ(年齢、性別の違った仲間)遊びの中で喜び、成功、失敗が原動力となって体、精神、創造性、判断力、社会性が育てられた気がします。私は、4歳上の姉がいまして、いつも女の子と遊んでいました。何をやっても負けるので、特別ルールを作って遊んでいた記憶があります。

今では・・・テレビ、ゲーム機、スマホ等の普及により室内でかつ少人数(同姓、同年齢)での遊びが台頭してきました。リセットして何度も繰り返すことのできるゲームには悔しさや痛みを感じる場面が少ないと思います。時間や内容も大人がコントロールしなければならないことが多いと思います。

072.gif家庭環境の変化072.gif
昔は・・・兄弟も多く、縦の組織がはっきりした大家族でした。私のいとこは5人兄弟で、週末になると外遊びをしていました。遊び後には全員での食事の機械を通じて、家庭内でも日常的に競争や協調が必要とされていたような気がします。また、親の責任や子どもに対する要求も多く求められていました。

今では・・少子化によって兄弟が少なく、個室が与えられて等、家族での間での刺激が少なくなったと思います。一人の子どもに対する親の期待が大きかったり、自分基準での子どもに接するため過保護になったり、逆に放任になってしまうケースも出てきました。

056.gif他人への無関心、教育力の低下056.gif
昔は・・・社会的意識が高く、年代を超えた交流やつながりがありました。私は幼い頃はわんぱく少年で、いたずらば
かりしていて、近所のおじさんによく叱られた記憶が多いです。学校や先生も責任を持って厳しく指導して
頂きました。こどもに厳しく規律やモラルを指導する環境があり、私には恩師がたくさんおります。

今では・・諸事情にもよりますが、注意をしたり、叱ったりする人が特別視されるような感じがあります。また、他人の子どもに無関心な大人が増えてきたように思います。規律やモラルを指導する場が減り、学校や習い事でも厳しく接することが難しくなってきました。

066.gif強制されない自由なスポーツの減少066.gif
昔は・・・子ども達が空き地や広場でボールを蹴ったり、野球をみんなでしていました。私も少年時代は、4番でショート(自称)で空き地でホームランを量産していた記憶があります。ただ、空き地が狭かったので・・・。そこでは、強制されることもなくのびのびと自由にスポーツを楽しんでいました。

今では・・空き地や広場の減少と、交通事情の変化にともなって、スポーツをしている姿が見受けられません。しかし、公園に行ってみると、家族でボールを使ってスポーツをしている姿はあります。その中では、家族で決めたルール(安全面もふまえて)が適用されていると思います。

現代の子どもの事情をふまえて、当クラブでは、社会に足りない物をおぎなうために様々な工夫をしています。クラスは、1年生~3年生のBクラス、4年生~6年生Cクラスと縦割りとなっており、学年が低い子は年上のプレーにあこがれ、助け合う機械が多く見受けられています。最後の試合では、ルールを選手達で決めてそのルールに沿って進行することもあります。成功した場合、失敗で終わることもありますが、それを受け入れながら育んでいます。昔と今というキーワードでお伝えしましたが、時代の変化に対応しながら、サッカーを通じ現在の子ども達がのびのびと成長できるようサポートしています。様々な経験をしながらたくましい選手に育って頂くことを願っております。066.gif

報告者 中村
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-28 14:55

親子サッカー大会開催決定

FC LILY伝統の戦いが12月23日に開催!!


★LILYプレゼンツ親子サッカー大会★


開催に伴いルールを簡単に説明します。
親と子に分かれ各カテゴリーで試合をし、勝ったら勝ち点3、引き分けは1、負けが0で行います。最後にPK合戦をし、保護者チーム、選手チームで総勝ち点の多いチームが優勝になります。

前回大会は、選手チームが勝点3差をつけて優勝!!

今大会はどちらが優勝するのか!?

次は親のプライドにかけて負けられない保護者チームか?それとも選手チームが2連続優勝か?


報告者 秋葉
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-26 11:15

スクールイベント告知!!

こんにちは!
今回は、イベントの告知です!

F.C.リリーではスクール生を対象としたイベントを実施予定です( ´ ▽ ` )ノ

内容はバーベキューとレクリエーション、サッカー大会です001.gif
曜日、クラス関係なくみんなで仲良くなって最高の思い出を作ろう!!

現在、会場などを調整中です。詳細が決まり次第、手紙を配布して再度お伝え致します!

美味しいお肉に大好きなサッカー…楽しみですね049.gif

この機会にたくさんの友達を作ったり、色々なコーチ達とも仲良くなってくれたら嬉しいです!

それでは乞うご期待058.gif

報告者 平野

[PR]

by lily-soccer | 2014-11-19 10:47

平成27年度ジュニアユースU-13選手募集について

平成27年度ジュニアユース練習会が22日(土)今週より行います。実施にあたり一人でも多くの選手に参加して欲しいと願い、FCリリージュニアユースの指導方法・方針をお伝え致します。

[]チームコンセプト058.gif

  サッカーとは「攻撃」「攻撃から守備の切り替え」「守備」「守備から攻撃の切り替え」という4つの場面で成り立っていると考えます。その場面でFCリリーが基本的に実践していく事は【攻撃】→「ボール保有時間を長くし、ボールを動かしながらゴールを奪う」、【攻撃から守備の切り替え】→「ファーストディフェンダーから方向限定し相手のパス5本以内にボールを奪う」、【守備】→「守備一人の間を詰め同サイドでボールを奪う」、【守備から攻撃の切り替え】→「素早くボジションを整え、ボールポゼッションに移行する」になります。その4つのコンセプトの原則(チームとしてやるべきこと)を明確にして、トレーニングでその原則を選手に浸透させていきます。ですので、常に集中してサッカーに取り組まなければなりません。なぜなら、常に意識しなくてはいけない原則があるから頭は休めないのです。そういった部分からも分かるように常に考えながらプレーする事を求めます。

[]グローバルトレーニング056.gif

  昔からサッカーはサッカーをする事により成長するという言葉があります。

  サッカーというスポーツを技術・体力・戦術・精神力という分類に分けて、各セッションを別々に向上させて、サッカー選手を育てていくという要素還元的ではなく、戦術、技術、体力・精神力を分割させず、その全てを含んだ複合的トレーニングをしていきます。一般的に強度が高いトレーニングというと、エネルギー(体力)の消費量を高くすればよトレーニングと思われがちですが、FCリリーの中での強度は、ネルギー面ではなく集中力になります。例えば、一般的なチームで行われている走り込みトレーニングは、然エネルギー面(体力)は消費しますが、複合性という部分ではまったくありませんし、精神力、技術、戦術面での消耗はありません。サッカーというスポーツで、選手に求められている能力は、複雑な状況下での戦術、技術、体力、精神力なのです。そういった面からFCリリーではトレーニングに複合性を求めていきます。

 したがって、FCリリーではトレーニングの負荷を体力的負荷ではなく、集中力を伴う戦術負荷でコントロールしていきます。

[]自分で自分を上手072.gif

  選手の自主性を大事にし、選手自ら成長していく事が一番大切だと思っています。それには、対話型トレーニングが重要です。指導者が教え、選手が理解するという従来の指導法ではなく、指導者がヒントを出しそのひんとから自主性を持ってそれぞれの選手が答えを見つけていく指導を心がけています。なぜなら、サッカーとは解決方法は一つではなく、選手の特徴(身長、スピード、精神力など)によって、解決方法が違うからです。従って全ての解決方法にはその選手の特徴が反映される事を考慮しなくてはなりません。そうすると、決まりきった通り一遍の指導法(解決方法を指示する指導法)では選手の可能性を潰してしまうのです。まず選手がやってみるそこから成長のスパイラルの全てがはじまります。

[]サッカー選手と同時に人間的にも成長する066.gif

  ジュニアチームと同様にサッカー選手としての成長と同時に一人の人間としての成長にも力を入れていきたいと思います。また、現在社会が求めているリーダーシップが発揮できる選手を目指していきます。

  挨拶は目を見てしっかりとする、身だしなみの徹底、人の話を聞くなどは勿論のこと、チームメイトとの助け合いの中で、人間関係を学び、試合で勝利するという目標のため、日々ひた向きに努力を重ねる。そして、出来ないことを出来る様にする、勝てなかった相手に勝てるようになるなどの経験を繰り返し選手は日々成長していきます。ともすれば、そんな成長、または成長ポイントを見逃してしまいがちですが、FCリリーではその成長段階を的確に見極め、適切なコーチングやときには見守るという立場で選手を成長させていきます。

 サッカー、サッカー以外も選手自身に責任を与え、責任を全うできるよう教育します。数多くのイベント等を通じて、下級生は上級生に憧れ、上級生は自らを律してフォロワーのために努力し、兄弟のような絆を獲得していきます。リーダーシップはとは、同時にフォロアーシップを学ぶことでもあるのです。

 この年代のトレーニングこそサッカーを成長していく上で一番重要な時代です。その一番重要な時代に選手の成長を第一に考え指導していきます。

私たちFCリリーでは、3年間ここでサッカーが出来て幸せ、ここにくるのが楽しみ、そしてサッカーと仲間が大好き、そう思っていただけようスタッフ一同愛情と情熱を持って全身全霊で指導していきます。051.gif

報告者 中村 博文
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-19 01:28

スクール フットサルクラスの報告

こんばんは

今回はフットサルクラスの報告です。
フットサルクラスは毎週土曜日9:45~11:00までの1時間15分
水戸市のリリー文化学園東館アリーナをお借りして活動しています。

メンバーは低学年生が7人、高学年生が1人の計8人で、ドリブルやパスの練習を中心にトレーニングを行っています。
フットサルはサッカーと違い、狭いコートの中で5人対5人で試合を行います。
その為、一人一人のボールにかかわる回数が増え、ボールをあつかう技術や判断の速さが向上し、個人能力が伸びやすいスポーツだと言われています。

フットサルクラスでは現在メンバーを募集しておりますので、興味のあるお方は是非一度体験にいらして下さい。

報告者 植田
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-18 19:23

日本代表

アジアカップに向けて発表された日本代表メンバー、皆さんはどの様に感じましたか?
私はホンジュラス戦、オーストラリア戦に向け攻撃的で切れ味鋭いドリブルをする乾選手やバランスを取りながらゴールに結びつくパスを出す遠藤選手を召集していますが、結果を出すために少し守備的なメンバーで戦うイメージがあります。

アギーレ監督が就任してから続く4-3-3のフォーメーションでブラジルワールドカップ日本代表メンバーだった遠藤選手、長谷部選手、今野選手をどのような配置で行くのか凄く楽しみです。

アギーレ監督」が就任しあまり結果は出ていませんし戦術には色々な意見がありますが、アジアカップに向けて頑張ってほしいと思います。

個人的には乾選手を出して貰いたいです。

投稿者 伊藤
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-12 12:44

葵ライオンズ杯

こんにちは!!

今回は2014年度の葵ライオンズ杯について掲載致します。

11月8日(土)は5,6年生の決勝トーナメントが行われ、9日(日)には3,4年生の決勝トーナメントが行われました。
結果は、6年生優勝、5年生準優勝、4年生準優勝、3年生ベスト5位でした!!

6年生が最後のライオンズ杯で優勝出来たのも日頃の努力の成果だと思います。おめでとう6年生☆

4,5年生はまだまだこれから!!来年のライオンズ杯で優勝目指してがんばっていこう!!

3年生は初めての大会で緊張もあったと思います。この経験を次に活かしていきましょう!!





秋葉
[PR]

by lily-soccer | 2014-11-11 13:31

高校選手権

みなさんこんにちは!!
先日の11月2日(日)に日立市民運動公園陸上競技場で「第93回全国高校サッカー選手権・茨城県大会」をジュニアユースの選手達と観戦してきました。水戸桜ノ牧高校VS水戸商業高等学校の試合で、なんと我がリリーから去年卒業した選手が1年生ながらもメンバーに選ばれたので勉強、応援もかねて観戦しにいきました。リリーのジュニアユースの選手達は牧校と水商のウォーミングアップの様子から真剣に観ており、学ぶ姿勢が感じがとても感じられました。パススピードの速さ、トラップの技術、なによりお互いのチームの雰囲気がよくチームで声を出す事、雰囲気の重要性を感じたことと思います。
お互いの応援団の声援が鳴り響く独特の緊張感の中、試合が始まりました。中盤の選手達の球際の激しさ、空中戦の激しさと中学生とは比べものにならないくらいで皆圧倒されていました。結果はPKで決着が付きましたが、サドンデスでの17人目で決着が決まるというこれまた貴重な経験をその場で体験できた事も選手達にとって良かったことと思います。あの緊張感は観ている全員が感じており、牧高と水商の選手のメンタル面の強さには驚きました。
リリーの3年生は1年後にはこの舞台に立っていられるのか、2年生、1年生は?と一人ひとりが危機感や緊張感を感じてくれたことと思います。とても良い経験が出来ました。

来年こそは水商のスタメンがリリーの選手であることを願っています。卒業生のみんな頑張って下さい!応援しています。

横山
b0186124_15403367.jpg

[PR]

by lily-soccer | 2014-11-04 15:41