<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サッカー三昧

今年は雨が多い夏となっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
FCリリージュニア・ジュニアユースの選手たちは、この夏をサッカー三昧で楽しんでおります!!サッカー・生活・勉強と、どれをとっても成長できるこの夏に充実した日々を送っていると思います。

8月5日(月)にFCリリージュニアユーストレーニング場でもあるハイトリーグランドにおきまして、FCリリーとして初の外国人指導者を招いて、サッカークリニックをU-9~14を対象に実施しました。

外国人指導者は、スペイン出身のイグナシオ・ラモス・ヒメネス(通称ナチョ)氏です。ナチョはレアルマドリードジュニア・ジュニアユース・ユース経て、あの銀河系軍団(ジダン・ロナウド・ロベカルと当時世界最強軍団と呼ばれていました)のレアルマドリードトップチームに昇格した方です。U-16年代では、スペイン代表としても活躍しました。銀河系軍団で10年間プレーし'08年に現役引退。その後はスペイン公認上級ライセンス(日本ではJリーグの監督ができるレベル)を取得し、サッカーマネジメント、理学士物理療法を習得、カペッロ、デルボスケ等名将監督の下での経験やレアルマドリードの選手育成にも精通し、コーチとして今後が期待されています。現在はスペイン・マドリードのサン・セバスチアンのユースチーム監督を務めています。

今回は東京のユーロプラスインターナショナルよりお誘いがあって実施することになりました。
AMはU-9~11、PMはU-12~14のカテゴリーで行い、学年に応じた質の高いクリニックとなりました。
クリニックの中でナチョが選手たちに強く伝えていたことは、トレーニングは必ず100%で望むことや、プロサッカー選手になりたいと望むならサッカー・生活・勉強もプロ意識を持って取り組むことです。

仲間を大切にすることは勿論重要なことですが、スペインで重要視していることは、まずは自分自身が強く、逞しくなること。強い個の集団が集まって強いチームができるとのことです。066.gif低年齢から技術・戦術・判断力を身につくように、トレーニングでも考えてプレーしていない選手はナチョに厳しく指導されました。泣いてしまったU-9の選手もいましたが、その後のプレーは一番良い動きをしていました(*^_^*)
本田圭佑選手も述べていましたが「日本国民は協調性は生まれ持っているのも!!今、世界と戦うために必要なのは個の力!!」まさに選手たちがこの年代で身につけて欲しいのは、個として強く・逞しく・そして諦めない気持ちだと思います。年齢が低ければ難しいいことかと思われますが、低年齢だからこそ難しいセッションにフォーカスを当てて取り組むことが大切だと感じました。

選手一人ひとりがナチョの言葉を噛みしめながら真剣な表情で聞いている姿をみて、将来が楽しみになってきました。通訳の柿田氏もサッカーに対する情熱をナチョの言葉と同様に伝えてくれました。
我々スタッフも世界最高峰のスペインの育成を学べる素晴らしい機会となりました。このサッカークリニックに関わったすべての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。056.gif

報告者 中村 博文
b0186124_19304396.jpg

b0186124_19322790.jpg

b0186124_19332764.jpg

[PR]

by lily-soccer | 2013-08-06 19:33

7月21日 ジュニアチーム親子サッカー

こんにちは、粘りたいのはディフェンスと納豆、好きな四字熟語は水戸納豆、、大橋です。7月21日、水戸のお日様がお空をSUNSUN照らすSUNDAY、皆が楽しみにしていた親子サッカーが開催されました!!!

今回もまた、
お子ちゃまチームVS人生の酸いも甘いも知る大人チーム。
個人的にはブラジル対スペインにも引けをとらない
世界屈指
の好カードだと自負しております。

ウォーミングアップを本当にほどほどに、U-12、U-11、U-10、U-9の順番でキックオフ!!!!

U-12チームは豊富な運動量とパスワークを武器に、U-12お父さんチームはスピードとパワー、そして大人の権力を武器に激しい試合が繰り広げられましたが、ここは子供チームに軍配!!!下級生達の熱い応援も後押しになったと思います!

U-11チームは人数をかけたパスワークと熱いハート、U-11お父さんチームは体を張ったディフェンス欧州応酬でみごたえのある試合でした!この試合も子供チームがそこはかとなく優勢に試合を進めます。


が、このままでは終わらないのがお父さんチーム。大人の力をフル活用し、子供チームを追い詰めていきます。

U-10チームはコートを大きく使った攻撃で立ち向かいますが、お父さんDF陣によるジョンテリーばりの力強い守備、そこからの一切の手抜きのないカウンターで、着実に得点を重ね、差を縮めてきます。

さらにU-9は蟻んこのような密集したディフェンスとそこからの細かいパスワーク
そして
監督のくだらないギャグ
で応戦しますが、大型補強を敢行したお父さんチームたちは大人の力をフル活用したパスワークでゴールを何度も揺らします。

そんな勝負も最後を迎え、残り1分でU-9お父さんが>ミニ四駆より速いドリブルから勝ち越しゴールを奪います。

慌ててビブスを着る大橋コーチと伊藤コーチと秋葉コーチ、そして時計を見ながら何やらうずうずしている主審の平野コーチ…ばれないようにそっと子供チームの味方に入ります(バレバレ)

そしてあきらめない気持ちが実を結びました。何か裏めいたものが働き、時間になっても試合が終わらない…そしてゴール前に入れたクロスを何者かが豪快に蹴りこみ、ホイッスルがなって試合終了!!!!!一体誰が決めたんだ…、
























そう、主審がゴールを決めたのです!!!!!!!

この前代未聞のゴールに会場は一時騒然(!?)したものの、子供チームの勝利で幕を閉じました!!!


今回の親子サッカーを通じて、選手は家族の支えがあってこそこうして何不自由なくサッカーができること、ご家族の皆様は、広いピッチを駆け回りながらボールを足で扱うことの難しさを感じていただけたと思います!!
我々ジュニアスタッフも自分を信じて付いてきてくれる選手、またそれを日頃よりサポートしてくださるご家族がいるからこそ、ここまでやってこれています。

親子サッカーを通じて結んだ「絆」
それで結ばれた「LILY FAMILY」の力で、今後も前進していきたいと思います!

今回の開催にあたり、お忙しい中駆けつけていただき、本当にありがとうございました!!!
今後もリリースポーツクラブ、F.C.リリーをよろしくお願い致します。



投稿者 大橋
[PR]

by lily-soccer | 2013-08-03 09:54