<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LCL報告

こんにちは!
今回は先日に行われた火C、水B、土CのLCLの報告を致します。

まず火Cの報告です。火Cは他のCクラスよりも人数が少ないのもあり一人ひとりとても仲が良くまた、ライバル的な存在が一人ひとりにいてトレーニングの中から激しく切磋琢磨しています。今回のLCLはライバルでチーム分けを行った所、選手達もとても気合いが入っていた様子でした。試合は予想通り、自分のライバルには負けまいと責任感を持った白熱したしあいとなり、試合では決着が付かずPK戦にもつれこみました。両者とも譲らない展開で一通り蹴ったが引き分け・・・最後はキャプテン対決となり決着が付きました。勝ったチームはみんなで輪になり飛び上がっていました。負けてしまったチームも最後まで諦めずとても良いLCLとなりました。

続いては水Bの報告です。水Bでは最近ドリブルのトレーニングを多くやっているのですが、その成果が十分に発揮されていました。自分のゴール前からドリブルを始め、相手ゴール前まで突破してしまう選手、2~3人をあっという間に抜いていったりと自分でゴールを決める気持ちが強い選手が沢山みられます。T君はドリブルがとても上手で持たせたら危険だと他の選手達も察知してきて、T君がボールを持つとスライディングをしてでも止めてやろうという選手が多くなりT君はとても苦戦していた様子でした。全体的にボールに集まらずにサッカーが出来てきたので続けてやっていきたいと思います。

最後は土Cの報告です。土Cでは初めのウォーミングアップの段階から4チームに分け行いました。4チームの総当たり戦でミニゲームから戦いは始まっており、ミニゲームの勝敗のポイントがそのまま試合のポイントに持ち越しのルールだったので終始白熱していました。赤ビブスのチームは他のチームより1人少なかったのですが、一人ひとりが守備も攻撃もとても頑張り見事優勝する事ができました。赤チームの「みんなで全力でプレーする姿」をみんなが学んでいた様子だったので今後がとても楽しみです。バロンドールは最近入会したばかりの選手でしたが、赤チームで1番攻守共にチームに貢献していました。H君おめでとう!!
他の選手も赤チームや、H君を見習ってプレーしよう。

次回のLCLは10月なのでみんな休まずトレーニングしていこう!!

横山
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-21 16:15

スクール報告

今回はスクールの報告です。

厳しい暑さが続いてますが、選手達は暑さに負けずに日々トレーニングに励んでいます。

Bクラスはもっとサッカーを好きになってもらえるように、また、楽しみながらパスやドリブルなどの技術が向上できるようにトレーニングを行っています。

Cクラスでは技術の向上の他に、チームとして攻撃や守備をするなどのサッカーの知識も向上させられるようにトレーニングを行っています。

もう少しすれば、すごしやすくサッカーもしやすい季節になるので、今まで以上にトレーニングに励んで行きたいと思います。





報告者 植田
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-19 16:30

土2Bの負けられない戦い!

今回は、土2BクラスのLCLを報告したいと思います。
今回のLCLは4チームの総当たりで試合を行いました。
どのチームもウォーミングアップの時から「試合に絶対に勝つ!!」という気持ちが滲み出ているように感じられました。
試合直前のチームミーティングでも具体的にポジションを決めて攻めよう、守ろうと話し合っているチームもあり、試合に対する選手達の強い想いも感じることが出来ました。

試合は白熱した戦いばかりで、スライディングをし体を張って守ったり、中にはゴールキーパーで顔に当たりながらもゴールを死守したりなど闘志溢れるプレーが多く、1点差を争ったり、試合終了直前に逆転したりなど素晴らしい試合が繰り広げられ、どのチームも勝ち点が僅差の激しい展開となりました。

LCLでは、優勝したチームには賞状、そして優勝メンバーから1名が名誉ある「バロンドール賞」が授与されます。
また、優勝を逃してしまった選手にも「もっとも印象に残ったプレーヤー」MIP賞が授与されます。
今回優勝したチームの選手、惜しくも優勝を逃してしまった選手も次回のLCLに向け、休まずトレーニングに来て欲しいと思います。

次回のLCLは10月の第4週目となります。

目指せ優勝!目指せバロンドール!!

何かご質問、ご感想等がありましたらご投稿下さい。

投稿者 伊藤
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-12 12:43

金B、土1B、木CのLCLの報告

こんにちは!!今回ブログを担当する秋葉です。
今回は先日行われた金曜Bクラス、土曜1Bクラス、木曜CクラスのLCLの報告をしたいと思います。

まず始めに金曜Bクラスからお伝え致します。
今回の金曜Bクラスは4チーム総当たりのリーグ戦で、1年生が決めたら2点というルールで試合を行いました。
試合が始まると、みんなが激しくボールを奪いに行く姿だったり、ミスを恐れずにチャレンジする姿が見受けられました。また、1年生の中には4ゴールも決めた子もいて白熱した試合が繰り広げられました。

次に土曜1Bクラスについてお伝え致します。
土曜1Bクラスは2チームに分け、バルサ(赤ビブス)レアル(灰色ビブス)とチーム名を決めて10分を3本行いました。
最終的なスコアは6対5と試合は点の取り合いとなりました。また、疲れてくるとみんなで声を出してチームを盛り上げて必死で頑張る姿が見受けられ、土曜1Bのチームワークの良さが出た試合となりました。

次に木曜Cクラスについてお伝え致します。
木曜Cクラスは3チームに分け、1点ゲームで試合を行いました。
どのチームもボールを大事に繋いでゴールを目指すという意識が感じられ、徐々に自分達のやりたいサッカーが理解できてきたように感じられました。また、最後の試合終了のホイッスルが鳴った時には、優勝したチームはみんなで抱き合いながら喜び、惜しくも優勝できなかったチームの中には泣いている子の姿が見受けられ、少しずつ自分の感情を表に出せる子が増えてきていると感じました。

次回のLCLは10月に開催されるので、それに向けてトレーニングを頑張っていきましょう。

報告者 秋葉
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-12 09:48

火B LCL

今回は火曜日BクラスLCLの報告です。

今回のLCLは4チーム総当たりのリーグ戦形式で行いました。
試合前のウォーミングアップからいつもとは違う緊張感があり、選手達のLCLにかける思いがヒシヒシと伝わってきました。

さらに今回はチームを分けた後に各チームごとのトレーニング時間を作りました。
このトレーニングはコーチに言われたことをやるのではなく、試合に向けて自分達で考えて行ないました。シュート練習をするチーム、パス練習をするチーム、試合に向けて作戦を考えるチームなど自分達で考えて行っていました。

試合も各チームトレーニングの成果が出ていて白熱した試合が数多く見られました。特に印象に残っているのは選手達が最後まで諦めずにプレーしていたことです。転んでもすぐに起き上がってボールを追いかけ、点差をつけられてしまっても全力でボールを奪いにいく姿など選手達の成長した姿を随所に見ることが出来ました。

結果はそのトレーニング時間に自分達でたくさん声を出して盛り上げて、試合でもチーム全員が最後まで諦めずにプレーしていたチームが優勝しました。さらに今回バロンドールを選ばれた選手は通算3回目の受賞となり、リリスポ(リリースポーツ新聞)に掲載されることになりました。おめでとう!

またMIP賞は2人の1年生が選ばれました。2人とも初めての受賞だったのでとても喜んでいる姿が見られました。

次回のLCLは10月に開催されるので今回悔しい思いをした選手も次のLCLに向けてトレーニングに励んでいこう!!



報告者 廣瀬 仁
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-06 17:58

JrユースU-13活動報告

今回はJrユースU-13の遠征報告をいたします。
8月16日(金)~19日(日)の4日間におきまして、図南前橋主催の前橋発2012アドバンスメントカップU-13に参加してきました。この大会は関東のクラブチームを中心とした歴史あるチームが多く、数多くのJリーガーを育ててきたチームが参加している大会で、35℃をこえる猛暑の中8試合を行い充実した日々を送ることができました。
 どのチームもアイデンティティーがあり、戦術がしっかりしていて個性豊かな選手が多く、素晴らしいチームでした。リリーU-13は、普段県内である程度通じていた戦い方がまったく通じない試合が多く、なかなか結果がついてきませんでした。得点は奪うけれど、失点が多いという課題に直面し、試合後には失点について様々な分析をキャプテンが中心となり選手達と時間をかけて行い、失点を減らす努力を続けた結果、最終日の2試合は選手一人ひとりが責任を持ちチームとして共通理解を深めチーム一丸となり結果と共に成果がみられました。苦しい戦いが続いても逃げずに向かい合うことにより成長できることを選手達は学んでくれました。
 また、遠征後にも数多くのトレーニングマッチを行い現在はチーム力が増したと感じています。夏に培った貴重な経験をベースに戦い、9月中旬より県リーグが再開しますので全力で勝負したいと思います。お忙しい中遠方まで応援に来てくださった保護者の方々、ご自宅で選手の活躍を願っておられた皆様、感謝申し上げます。ありがとうございました。
 ご意見等がございましたら投稿くださるようお願い致します。
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-04 16:31

U-14前橋遠征

 今回、8月20~22日の2泊3日でジュニアユースU-14は群馬県前橋市で行ったアドバンスメントカップに参加してきました。この大会は前回の群馬チャレンジカップを主催した図南FCにお誘いして頂き参加する事となりました。
 まず前橋市について感じた事は暑い・・・。連日35℃を越える猛暑日のなか、そして照り返しが激しい人口芝、天然芝のなか試合をしてきました。その様な厳しい状況のなか選手達は自分達の持てる力を存分に発揮してきました。
今回の遠征のテーマは「失敗から学び一日一日成長をする」でした。一人ひとりが試合のなかで様々な失敗をします。例えばサイドバックが簡単に裏のスペースを使われてしまう。簡単なミスからカウンターをくらう。など上げだしたらキリが無いですがその様な失敗を、「具体的なシチューション」としてその失敗を理解して、つぎの試合までにその部分を修正する。という具合です。言葉で言うのは簡単ですが、失敗というのは原因を探すのが大変難しいものなのです。トラップミスひとつとっても、足に当てる位置が悪いのか、それともまわりの状況が把握できておらず敵の方に止めてしまうのか、それとも敵のプレッシャーに負けてしまい焦ってしまいミスをするのか、それともお腹の調子が悪くトラップ所じゃ無かったのか、こちらも本当にあげだしたらキリがありません。その部分を本当に理解できているのは選手本人しかいません。そうなってくるとトラップを成功させるための課題・ポイントというのは真の意味でいうと選手本人しか分からないのです。だからこそ「具体的シチュエーション」での理解が必要なのです。その意識が無ければ選手本人もただ単純にトラップミスをしてしまったとしか覚えていないのです。
そういったテーマを持ち試合に参加した選手達でしたが、少しずつ「具体的シチュエーション」でミスをとらえる事が出来てきてミスを成功に変えているように見えました。そのような選手一人ひとりの集合体がチームになるのですが、そこにも「チームとしてのミスの具体的シチュエーション」があるのです・・・・が話が長くなりそうなのでこちらについてはまた別の機会で。
試合以外でも沢山の楽しい事がありました。なかでも一番印象に残っているのが、選手12人、コーチ2人で宿のご飯を食べ尽くしてしまったのです。全員お腹がすいていたのか、選手全員6杯以上おかわりをして、私も5杯、横山コーチが4杯??(根性が足りないですね)食べました。この様な選手達が家庭にいたらと思うとゾッとします。(笑)その様な状況のなかで宿舎お田中屋の女将さんの「もうご飯無いんですが・・・」には申し訳なさと、もう終わりという気持ちが混在していました。

最後に、日に日に成長を見せる選手達の姿をみて、遠征の大切さと同時に、遠征に送り出してくれる保護者の皆様への感謝の気持ちがこみ上げてきました。この場を借りて御礼申し上げます。本当に有り難うございました。
何かご質問等がございましたらコメントにてドシドシお送り下さい。

報告者 小嶋
[PR]

by lily-soccer | 2012-09-04 15:00