<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Jrユースについて

ジュニアユース概要

FCリリージュニアユースは、中学生年代におけるサッカー指導を通じて、サッカー選手としても、一人の人間としても逞しく成長していけるよう指導していきます。
中学生年代は、様々な部分で、子どもから大人への切り替わりの年代です。この年代で、発育発達にあった適切な指導を受ける事により、今後のサッカー人生はもとより、人生そのものを有意義に過ごしていけると考えております。
サッカー指導では、小学校年代で身につけた技術をベースに、個人技術の更なる上達、そしてチーム一丸となり、勝利を目指して頑張れる選手になれるよう指導していきます。

活動日     … 火・水・金・土・日(土日は試合の時あり)
時間      … 火・水・金 → 19:30~21:30
          土・日   → 未定
活動場所   … 火・水・金 → リリースポーツクラブグランド
          土・日   → 近隣の芝生グランド
費用      … 年会費/10,000円(施設維持費、大会エントリー代含む)
         月謝 /15,750円
購入するもの … ユニフォーム(ホーム・ビジター用)
         ジャージ
         ウォーマー
         バッグ
大会時の送迎 … リリーバス3台は使用可能です。しかし他のチーム(ジュニアチーム、スイミングチーム)で使用しない場合に限ります。
         使用不可の場合は、公共機関での移動、または送迎をお願いする場合がございます。
その他    … 年度切り替え時に、練習回数、練習曜日やその他が変更になる場合がございます。

………………………………………………………………………………………………………………………
Jrユースセレクション情報

さてFCリリーでは、2011年度からU-13(ジュニアユース)を設立します。このU-13では、小学生時代に培った技術をベースに選手個人の成長、更にチームとして成長していけるよう、様々な観点から選手を見つめ育成していきたいと考えております。
つきましては、下記の日程でジュニアユースのセレクションを開催したいと思います。奮ってご参加下さる様お願い申し上げます。

                           記
 
○ 対象           現小学校6年生

○ 期日           平成23年3月6日(日)

○ 時間           18:00~20:00
 
○ 会場           FCリリーグランド(水戸市内原町1397-3)

○ 参加資格         セレクションに合格した際にFCリリーU-13への入団が可能な選手

○ 参加費          無料

○ 持参品          サッカー用品一式
 
○ 内容           ゲーム形式

○ 申し込み記入事項    (1)氏名(2)生年月日(3)学校名(4)ポジション(5)サッカー歴(6)身長・体重
(7)現所属チーム(8)郵便番号・住所(9)電話番号(10)保護者氏名及び捺印
                   以上をA4用紙に記入の上お申し込み下さい。

○ 申し込み締切日      平成23年3月5日(土)
                  上記の記入事項を記入して、FAXまたは郵送にてお申し込み下さい。
            また緊急の場合や、やむを得ない場合は当日直接グランドにてお渡し下さい。
 
 お問い合わせ先        FCリリー窓口
                   〒319-0315  水戸市内原町1397-3
                   リリースポーツクラブ TEL 029-259-7744
                               FAX 029-259-6491
[PR]

by lily-soccer | 2011-02-11 06:43

目指せストライカーさんへ

文字数が多くなってしまい投稿という形で、コメントにお答えさせて頂きます。宜しくお願い致します。

こちらこそお世話になっております。
私は、まだ親という視点から子どもを教育、指導した事がありません。
しかし、私も、私なりにリリーに通っている子ども達に愛情を持って接しています。ですので、時には手を貸してあげたくなったり、試合の時は、「こうすれば勝てるよ」「君のこういう所を直して、こうすればもっともっと点数が取れるよ」と教えたいです。そうすれば試合に勝って子ども達も喜ぶと思います。
しかし、そういった細かい事の積み重ねが、「指示待ちの子ども」「言われなくてはやらない子ども」をつくってしまうと思っています。
そして私の指示で動く選手は、絶対私のイメージを超えていく選手にはなりません。言葉を変えれば私の手の上で転がせる選手にしかなりません。
私達大人は、往々にして私達の価値観を押し付けている様に思います。確かに、今後の人生に必要な事などは、押し付ける事も必要だと思いますが、ある程度子どもの発想を待たなくてはいけない場合もあるはずです。
そして色々な発想をし、私達の思いもよらない事をやってのけるのを見るのが私の一番の楽しみです。
そういう発想があるから、私達大人も子どもから学べるのではないでしょうか。
その発想の中には時には間違いや、失敗もあるでしょう。その時にそっと隣に立ち、その失敗を受け入れてあげる事が、親であり、指導者の役割なんでないでしょうか。
そして時には「こういうやりかたもあるよ」や「どうしてそう思ったの」など聞いて、子どもの発想の広がりを待てば良いのでないでしょうか。
まとまりの無い文章で申し訳ございません。
これからもどんどんコメントお願いします。
FCリリー 小嶋龍一
[PR]

by lily-soccer | 2011-02-03 15:57