<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

目標設定

サッカー日本代表がやりました。072.gif8年ぶりの決勝トーナメント進出です!夜遅くの放送でしたが、我が家では、スタジアム並の応援で盛り上がっていました。私だけですが・・・・(^_-)

日本サッカー協会がキャッチフレーズ『夢があるから強くなる!!』として現在まで戦ってきました。また、『世界のベスト4』と具体的な目標設定をしていました。大勢の人々は『絶対無理』だとか『それは夢物語』などと批判的な声が多くありましたが、私は素晴らしいことと受け止め、結果が出ていなかった時期でも芯を持って応援していました。019.gif

なぜならば、私は『子ども達に夢や目標をしっかりともってもらう』ことを念頭に置きながら指導していきたいと日頃考えていたからです。ジュニアチームでは、選手の目標、チームの目標を設定しています。目標設定することによって、努力する力やあきらめない心などを養うことができます。また、時には挫折も味わうでしょう!!目標に対しては結果もでてきます。結果も大切なことですが、私は目標に向かってのプロセスを何よりも大切にしております。

現在の日本代表もテレビの画面でしか観ていませんが、チーム一丸となって、団結し90分間、世界と戦えているように感じます。選手のインタビューにおいても、ベスト4と自信にみちあふれた言葉で話している姿をみると、逞しく思えると同時に、これまでの苦労がにじみ出ているように思えて、とても感動しました。また、一戦一戦終えるごとにサムライブルーの選手達が逞しく、誇りに思えるのは私だけでしょうか(*^_^*)

 037.gif中村 博文037.gif 
[PR]

by lily-soccer | 2010-06-25 18:43

運動神経について


皆様いかがお過ごしで」しょうか??ジメジメした天気が続いていますが、サッカーワールドカップにおいては、日本代表チームが初戦であるカメルーン戦にて粘り強い守備をし、感動の勝利をあげました。この勢いを自分の力に変えて・・・・なんてひとりで気合が入っている今日このごろです☆

さて今回は、子どもの運動神経について掲載したいと思います。小学生の運動能力は、20年前をピークに低下し続け、この10年間低水準のまま推移していることが、文部科学省が公表した『2009年度体力・運動能力調査』の結果で明らかになったそうです。さらに『これ以上、下がりようのない危機的な水準ではないか』と指摘されています。

 このような問題を改善するためには、小学校の体育を見直すだけで大丈夫なのでしょうか??私は小学校入学前に改善しなくてはならないと強く感じております。昔は、空き地や公園で暗くなるまでたくさんの子どもが遊んでいましたが、現在は環境の変化などにより、子どもだけで遊ぶというのが難しくなってきています。
 運動神経は、小脳が司っています。その小脳は、6歳までに90%できあがると言われております。つまり、運動神経の基礎は幼児期に90%もできあがってしまうのです。たとえば、幼児期に自転車が乗れるようになった子は、大人になっても乗れます。たとえ10年、20年間乗っていなくてもちょっと練習すると乗れてしまうのです。しかし、幼児期から10歳位までにその動きを経験していない子は、まったくのれないか、たくさん練習をして乗れるかのどちらかです。
 このように幼児期において、神経を刺激することはとても大切なことなのです。当クラブのキッズサッカー・キッズスポーツでは、より多くの神経を楽しみながら刺激しています。単純な鬼ごっこやボール運動でも子どもにとっては楽しいもので、知らず知らずのうちにいろいろな能力が身についているのです。様々な遊び、運動から身体の動かし方を身につければ、新しいスポーツに取り組むときにスムーズに対応できるようになります。058.gif

 子どもだけで遊ぶのが難しいのなら、是非親子で遊んでください☆子どもにとってお父さんお母さんは一番近くにいる『スーパーヒーロー』なのです。相撲をやってみれば『やっぱりお父さんお母さん強いや!!次は負けないように強くなりたい』と思うでしょう。その遊びや運動は何でもいいと思います。お父さんお母さんがまずきっかけを作ってあげてください。とにかく一緒に楽しむことが大切です。
 親子で遊ぶのもとても素晴らしいことですが、当クラブのキッズサッカー・キッズスポーツも066.gif超オススメ066.gifですよ~★随時無料体験を行っておりますのでご希望の方は是非参加ください051.gif

012.gif中村 博文012.gif
[PR]

by lily-soccer | 2010-06-19 11:44